HOME > Win-Station > Win-Station ベーシック

ティック・秒足・分足・日足・週足・月足をサポート

【豊富な分析機能】
Win-Stationでは、多種多様なチャート分析を、マウス操作で簡単に、見やすく配置することが可能です。月足から歩み値(ティック)までをサポート。かぎ足、新値足、練行足などの日本独自の指標にも対応しています。データはサーバー側で一括管理しているので、面倒なデータメンテナンスは不要です。チャートに表示した価格および指標データは、テキスト形式でダウンロードすることが可能です。

・国内商品先物リアルタイムデータ
・海外商品(先物・現物)データ
・外国為替主要通貨ペア
・その他(証券・金融市場等)
・ティック(任意のティック数を指定可能。初期設定値は1ティック足)
・秒足(任意の秒数を指定可能。初期設定値は1秒足)
・分足(任意の分数を指定可能。初期設定値は1分、5分、30分、60分、240分足)
・日足
・週足
・月足

20種類のチャートスタイル・7種類のオーバーレイ機能

【色・スタイルを細かく設定可能】
なんと言ってもチャートは見易さが一番。Win-Stationではチャートのデザインを柔軟にカスタマイズすることが可能なので、チャートの見易さにとことんこだわるユーザーにはぴったりです。

・ローソク足(四本値)
・ローソク足(始・終値)
・バーチャート(四本値)
・バーチャート(高・安・終値)
・バーチャート(高・安値)
・折れ線チャート
・点チャート
・フローチャート
・ボリューム幅ローソク足(四本値)
・ボリューム幅ローソク足(高・安値) ・カギ足(※)
・連行足(※)
・新値足(※)
・スイングチャート(※)
・ポイント・アンド・フィギュア(※)
・ラインチャート(※)
・出来高/価格相関グラフ
・累積出来高/価格曲線
・逆ウォッチ曲線
・価格帯別出来高(※)
(※)オーバーレイ機能をもつ

豊富なトレンドライン・描画機能

【比類なき表現力と使いやすさ】
プロのチャーティストも唸るほどの豊富な描画機能を実装。ユーザーの将来予測力を飛躍的に高めます。各ラインの設定についても、マウスによる統一的なインターフェースを使用して、直感的に、かつ簡単に設定・変更することが可能です。

・トレンドライン
・水平線
・垂直線
・十字線
・四角形
・テキスト
・絵文字
・価格騰落
・価格ラベル
・ファン
・アーク
・フィボナッチファン
・フィボナッチアーク
・フィボナッチリトレースメント・フィボナッチターゲット
・フィボナッチタイムゾーン
・ギャンファン
・アンドリュービッチフォーク
・リニアレグレッションライン
・ラフレグレッションチャネル
・標準偏差チャネル
・標準エラーチャネル
・チロンレベル
・クアドラントライン
・タイムサイクル
・エリオット波動
・オートライン

80種類以上のテクニカル指標を装備

【変数を変更して分析をカスタマイズ】
各インジケータの設定値についても、統一的なインターフェースを使用して、直感的に、簡単に変更することが可能です。

・%R
・ADX
・ADXR
・ATR
・ATRバンド
・CCI
・DEMA
・DMI
・MACD
・OBV
・RAVI
・RCI
・ROC
・RSI
・TAI
・TEMA
・TRIX
・VIDYA
・ディストリビューション
・アルーンインジケータ
・アルーンオシレータ
・イーズオブムーブメント
・トゥルーレンジ
・エルダーレイ
・ネットチェンジ
・ハイ・ローバンド
・バランスオブパワー
・パーセントチェンジ
・パラボリック
・ケルトナーチャネル
・ピボット
・フィボナッチインジケータ
・サイコロジカル
・サイコロジカル(移動平均値付)
・ジグザグ(スイングハイ・ロー)
・スイングハイ・ロー
・スイングインデックス
・ストキャスティクス ファースト
・ストキャスティクス スロー
・チャイキンオシレータ
・チャイキンボラティリティ
・ボラティリティ(トゥルーレンジ)
・ボラティリティ(標準偏差)
・ボリンジャー%B
・ボリンジャーバンド
・モメンタム
・モメンタム(移動平均値付)
・ユーザー定義インジケータ
・レインボウ
・レンジ
・移動平均エンベローブ
・移動平均チャネル
・移動平均線
・移動平均線 加重平均
・移動平均線 指数平滑
・移動平均乖離値
・移動平均乖離率
・一目均衡表
・価格オシレータ
・価格チャネル
・取組高
・出来高
・出来高オシレータ
・出来高変化率
・線形回帰トレンド
・売買損益
etc.

サヤチャート・複数銘柄表示機能

【抜群の自由度で様々なサヤを分析】
シンボル、番限、および数式の組み合わせで、自由にサヤを計算し、チャート表示することができ、なおかつ、インジケーターやストラテジーの追加も可能です。季節変動のシミュレーションなども手軽に行うことができます。もちろん、作成したチャートは、原データの更新にあわせて自動的に更新していきます。

Win-Station で作成可能なサヤチャート
・異限月スプレッド(カレンダースプレッド)
・異銘柄スプレッド(ストラドル)
・取引所間スプレッド
・バタフライスプレッド
・バスケット分析(3つ以上の銘柄の組み合わせ)
・理論値との乖離

スクリーニング機能・DDE機能を備えた相場表

【リアルタイムでスクリーニングを実行中】
Win-Stationのマーケットスキャナを使用すれば、各銘柄の相場状況を監視(スクリーニング)することができるので、絶好の取引機会を逃しません。

【スクリーニングする条件は豊富な分析の中から自由に選択】
スクリーニング条件には、4本値等の基礎データだけでなく、インジケータ等のテクニカル分析を含めることが可能です。これらの項目は、マウス操作で簡単に選択、解除できます。

【パラメータも変更可能】
スクリーニング条件でテクニカル分析を使用するときは、その設定値を柔軟に変更することが可能です。ユーザー独自の条件でスクリーニングを行うためには、欠かせない機能です。

【DDE を標準装備】
Win-Stationは、Microsoft Excel の Dynamic data exchange(DDE) 通信をサポートしているので、Win-Station上の価格更新に連動してスプレッドシート上の価格を自動更新させることが可能です。この機能により、理論値や値洗い損益の算出等、様々な応用が可能となります。
※Microsoft Excelは、米国Microsoft Corp.の商品名称です。

※画面は開発中の画面です。
※製品の仕様は予告無く変更される場合があります。